メニュー

  • 工夫いっぱいの施工ポイントをお客様の声とともにご紹介する お庭自慢!お客様インタビュー
  • 3分で読める!プロならではのアイデアや植栽・お庭記事が充実 かんたん庭レシピ

かんたん庭レシピ季節の情報 植栽情報

posted by ガーデンプラス本部

2018.01.12

1月に咲く庭の花

横田直哉 横田直哉

お庭がさみしくなるこの季節。寒い1月にもお花を咲かせてくれる、植物や樹木をご紹介します。

暦の上で最も寒い時期に入って、色がなくなりさみしくなるお庭。日本ならではの四季を感じる機会ではありますが、やっぱり彩り豊かな明るいお庭を眺めていたいですよね。そんな冬でも負けずに咲かせてくれるお花はたくさんあるんです。今回は1月でも元気に咲かせるお花をご紹介。ついついおうちの中に籠りがちになってしまう冬も、楽しくガーデニングできますよ。

 

①水仙

多年草であるヒガンバナ科の水仙は、早いものでは11月から開花し、ラッパズイセンなどは3月から4月にかけて花が咲きます。いずれも秋から初夏にかけて育成し、夏場は休眠に入る植物です。育て方も比較的簡単で、庭植えの場合水やりは不要です。気を付けたい点としては、毒性があり、食べると嘔吐や皮膚炎の症状が起こります。葉がニラやネギに似ているので、菜園などには植えないよう注意しましょう。またワンちゃんや猫ちゃんを飼っているご家族も注意が必要です。花壇に植えるとさみしい冬場のワンポイントになりますので、1月のガーデニングにおすすめです。

 

②カンシロギク(ノースボール)

キク科の多年草であるカンシロギク(寒白菊)は、12月頃から6月頃まで長い期間お花を楽しめる植物です。別名ノースポール(北極)とも呼ばれ、真冬から咲きだし、春には株全体を覆うように白い花が満開になるので、一面真っ白な北極の名前が付きました。こちらは白いマーガレットのような花が特徴的な、花壇向けの植物です。本来は多年草ですが、高温多湿に弱いので日本の暑さに耐えられず枯れてしまいます。そんなカンシロギクも、冬場のお庭を彩る貴重な植物。春からは黄色のクリサンセマム・ムルチコーレとコントラストを出してあげるとより一層美しく、お庭が華やぎますよ。

 

③ツバキ

木へんに春と書く「椿(ツバキ)」は、春の訪れを告げる日本の代表的な樹木。ツバキ科の常緑樹であるツバキは、品種にもよりますが早いものですと11月頃から開花します。12月から1月にかけて咲き出すカンツバキはちょうど見頃ですね。カンツバキはツバキの中でも、比較的広がった花が美しい品種です。生垣などにも利用されているので、街中でも目に触れることが多いのではないでしょうか。ツバキは現在2千種をこえる品種があり、開花時期も様々です。お花の色も、赤、ピンク、白など色合いも様々。明治以降、ヨーロッパに輸出され、東洋のバラとも呼ばれていました。かの有名デザイナーであるココ・シャネルが一番愛した花といわれ、今でもシャネルの代表的なモチーフとして八重咲きの椿・カメリアが使われています。

 

④パンジー

スミレ科の園芸品種であるパンジーは、街中でもよく見かけるお花の一つです。1株でのたくさんの花をつけ、品種が豊富で半年近くも花が咲き続けるので、園芸ビギナーの方から上級者まで、ガーデニングには欠かせません。寒い冬でも元気に育ち、1月のこの時期でも可愛らしいお花を見ることができます。色も様々で、1月のさみしい時期のお庭を鮮やかに彩ってくれますよ。

トゥーティッキ

この庭レシピが活かされている「お庭自慢!お客様インタビュー」の記事はこちらです

お客様インタビューの記事一覧

横田直哉(ガーデンプラス本部)

さみしくなる冬のお庭も、寒さに強いお花を選ぶことで華やかになりますよ。お庭づくりのことなら、ガーデンプラスにご相談ください。

ガーデンプラス本部 担当:横田直哉

ガーデンプラス本部へのお問い合わせはこちらから

ガーデンプラス本部

お電話でのお問い合わせ

0120-694-028

受付時間:9:30~17:30

フォームでのお問い合わせ

ご相談フォームはこちら

現場調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

かんたん庭レシピの関連記事

かんたん庭レシピの記事一覧

ガーデンプラス本部の記事

ガーデンプラス本部の記事一覧

かんたん庭レシピの人気記事moomin image

PAGE TOP